映画の感想 その4


今回はDVDレンタルではなく映画館で見た映画の感想です。



前回の記事にも書いた攻殻機動隊のハリウッド実写版のゴーストインザシェルを見に行きました。







(これをどの層の人が読んでいるか、そもそも読まれているか分かりませんが)攻殻機動隊を知っている人向け、全く知らない人向け、の感想を書きたいと思います。



どちらの人にも共通して言えることは普通におもしろかったです。
トーリーや登場人物の設定の違いはありましたが別に気になるほどではありません。



そういうのを気にしてやたらめったらネットで批判的な発言をしてる人は、攻殻機動隊に限らず漫画やアニメの実写版を見ないで生きていったほうが精神的にイライラせず有意義に過ごせると思います。
まさに、嫌なら見るな、です。



話は戻って




攻殻機動隊知ってる人向けの感想】

吹き替えでアニメの声優陣が声優をやるという情報を得て、吹き替えで見たかったのですが私の住む市で吹き替え上映してる映画館がなかったので字幕で見ました。
でも字幕でもよかったかな、とも思いました。


ゴーストインザシェルを見る前に、アニメ版攻殻機動隊SACと劇場版アニメ攻殻機動隊との2つを足したようなストーリー、と聞いていたのですがその通りでした。


まず主人公である草薙素子(少佐)の名前がミラですが、怒らず、焦らず、落ち着いて最後まで見てください。
大丈夫です、あなたの思ってる最悪なイメージではありません。


それから、バトー、トグサ、イシカワ、サイトウ、荒巻、とお馴染みの公安9課メンバーが出てきて、あれ…?この女性だれ?って人も出てきますがぶっちゃけ話には一切絡んでこないので気にしなくて大丈夫です。


ビートたけし演じる荒巻、これまた賛否両論ですが私は良かったと思います。
たけしの色が強すぎる、人選ミス、という意見を加味した上でも私はそう言えます。
確かにアニメや映画の荒巻とは違います。
でもそこで、違う!って怒るんじゃなく、原作と違うけどこんな荒巻もアリだな、という感じでした。


そして内容なんてどうでも良くなるような映像の美しさ。
本当に美しいです。
絵での表現も美しいのですが、それを映像として作り出して実際に見れるという感動。
芸者ロボットのところはやはり良いですね。
町並みもゴチャゴチャした現実味のある近未来感が忠実に再現されていました。


先ほど書いた通りアニメ版と劇場版を足したようなストーリーで、多少の改変が加わっています。
あ、これ知ってる。ここでこのくだりやるのか。とか、いちいち楽しいです。


それと、人形使い
こいつはやはり話の核でした。
劇場版見るまでは人形使いのことを知らなくて、実際劇場版見ても人形使いって結局なんだったんだ、って感じで。
自分なりに、素子のことが好きなやべー奴、というクソみたいな解釈をしていました。
で、ゴーストインザシェルではそこのところかなりわかりやすくしてくれてて、わかりやすいからこそ改変されていたという訳です。
夫はそれをアメリカっぽい、と言ってましたが、はじめ聞いた時は意味がよくわかりませんでした。
たぶんハッキリとさせて全部知ってしまうのは趣がない、的な日本人のような思考の逆をいってるってことで言ったんだと思います。


長々と書きましたが、とりあえず原作ファンの人は見るならば心を無にして、いや、仏にして、涅槃の気持ちで鑑賞しましょう。


あと余談ですが、バトーの見た目が想像以上に面白いので映画館で鑑賞する時は気をつけてください。
でもそれ以上に面白いのは桃井かおりです。




攻殻機動隊を知らない人向けの感想】

CMとかTwitterとかで予告をちょいちょい見るけど、アニメ見たことないし話難しいらしいし…でも世界観とかすごい良さそうで気になる…と悩んでいるそこのあなた。


私もつい何ヶ月前は同じような境遇でした。
でも大丈夫です。
DVDレンタルしまくって見まくればバカでもサルでも嫌でも内容を覚えます。
そしてハマって嫌でもゴーストインザシェルを見に行くことになります。


いや、そこまでして見たいってわけじゃないよ…と引いてるあなた。


別にアニメや劇場版を見てなくても全然平気です。
恐らく私が攻殻機動隊を全く知らない状態で見ても面白いと思っているでしょう。
ただアニメや劇場版を見ていた方が基本的な設定がわかって、ポカンとすることがなくなるってだけです。


私は字幕で見たのですが、みなさんにも字幕上映での鑑賞をおすすめします。
なぜなら言葉が難しいからです。
やっぱ難しいんじゃん…と思ってるあなた。そうじゃないんですよ。
目で見る単語と音で聞こえてくる単語、意味がわかりやすいのは絶対前者だと私は思っています。
音でギタイ、とか言われても何それ?ってなるでしょう?
でも目で義体という文字を見たら何となく意味が伝わるでしょう?
そういうことです。


でも原作知らないで実写版映画見ても、古参のファンからは流行りに乗ったミーハーなにわか扱いされるんでしょ…オタク怖い…と思ってるあなた。


確かにあなたの言うようなそういうウンコみたいな人もたくさん居ます。
でもこれだけは言えます。


私はウンコではありません。


CMやTwitterの広告で見た数秒の映像、世界観、登場人物のビジュアル、たけしの出演、気になったきっかけなんてなんでもいいんですし、それを批判する権利は誰にもありません。


知識の無い人間を無知だとバカにし、知識を得ようとしている人間をそんなことも知らないのかと鼻で笑う奴は紛うことなきウンコです。


そんな奴らに負けてはいけません。
気になったものはとことん追求していくべきです。
もっと自分の中にある世界を広げるべきです。
私はあなたの中にある世界が広がることを信じています。




♡完♡

広告を非表示にする