読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画の感想

無職だし、炊事家事洗濯以外やることもないし、遊ぶ友達も居ないし、金もないし、ほぼ毎日酒を飲んでツイキャスをやるのもしんどいので映画を借りて見ることにしました。




私は映画、漫画、本、音楽、ありとあらゆる作品に対する感想を書き起こすのが異常なまでにヘタクソです。

ですが、暇なのでブログの更新がてら見た映画の感想と星5つの5段階評価をしたいと思います。







レッドドラゴン
★★★★☆


羊たちの沈黙でお馴染みのレクター博士が出てくる映画です。
ざっくり言うと、羊たちの沈黙同様主人公がレクター博士からヒントをもらって猟奇殺人犯を追う内容です。
犯人のイカれ具合、人の殺し方、ビジュアルの奇妙さ、全て花丸です。
でも動機が何だかありきたりで少しウーンとなりました。
もっとナチュラルに根っからのサイコ野郎だったら良かったなという気持ちを込めて星4つです。






荒野の七人
★★★☆☆


先日、マグニフィセントセブンという荒野の七人のリメイク映画を見ました。
その映画がとても良かったのでルーツを辿ろうという感じで借りて見ました。
これぞ西部劇、という感じで面白かったです。
でも、マグニフィセントセブンの方が内容も取っ付きやすいし、死んで悲しいと思う登場人物が多かったので思い入れの質量的な面を考えて星3つにしました。
しかしながら、善悪がこれでもかと言うぐらいハッキリと分かれており、内容も非常にわかりやすく、最後は正義が勝つ、という王道な感じは最高です。





その男、凶暴につき
★★★★★


暴力、流血、薬物、といったバイオレンスな内容の映画です。
終始抑揚がなく、淡々としていて、どこか暗くて冷たい。
私はこういう映画がとても好きだなと改めて思いました。
シンプルイズベスト、とはまさにこのこと。
正直内容はほとんど無いようなものだと思いました。
でも、暴力描写の美しさや作品の空気感に私は堪らなく惹かれたのであまり気になりませんでした。
人によっては結局なんだったの?といった感じに思われてしまうかもしれません。
でも全く内容が無いわけではないので…。
(星5つの評価をしたのに褒めてるんだか何なんだかよくわからなくなってしまいました。)





ビジターQ
★★★☆☆


汚いこと、忌み嫌われること、反社会的なことを徹底的にやり抜いた映画です。
最初はそういうことやってりゃ個性的で斬新だと思ってんだろ、とスレた目で見ていました。
近親相姦、援助交際家庭内暴力、薬物乱用、いじめ、レイプ、屍姦。
ざっと並べるだけでも最低最悪の事柄です。
が、ずっとこの調子で突っ走って行っていたので途中から清々しさまで感じてきて、映画の佳境では腹を抱えて笑っていました。
人に勧める映画ではないです。
人と見る映画でもないです。
個人的に楽しみましょう。
漫☆画太郎に漫画化してほしいなと思いました。





クリーピー
★★★★☆


怖い映画です。
常に張り詰めたような空気感で気を抜くことができませんでした。
例えるなら羊たちの沈黙クラリスバッファロービルの自宅へ入った時のあの緊張感がずっと続いているような感じです。
この映画を見る時は是非1人で夜中に見てほしいです。
クリーピーというタイトルの通り本当に何もかもが気持ち悪いです。
キモ怖です。
私はキモ怖が大好きなので堪らない映画でした。
でも、犯人が多用していたマインドコントロールできる謎の万能薬が入った注射器は要らないなと思いました。
物よりも自分のべしゃりで被害者たちをマインドコントロールしてほしかったな、と。
恐怖のサイコパスもなんだかんだ人間なんだなと少し冷めてしまいました。
それと終わり方が非常に残念でした。
それでも怖くてトイレ行けなくなったので星4つ。




以上、今週見た映画たちでした。
かなり拙い感想でしたが、また今度映画を見たら書きたいと思います。