変化

あけましておめでとうございます。
今年の抱負は酒によるゲロを吐かない、です。



先日結婚をした。
婚姻届が受理されたという郵便物が役所から届いた。
まさか親より早く結婚するとは思わなかった。


苗字を書く時に旧姓で書いてしまう癖が抜けない。いつまで抜けないのだろうか。

母から長いメールが来たが小っ恥ずかしい内容で見るのをやめた。

ケータイ料金などの振込用紙が送られて来る時の宛名が旧姓のままで、変えなきゃなという気だるさと、名前が2つあることに奇妙さを覚えた。

これから別れたら元カレではなく元夫になり、自分にバツが付くと思うと重い感じがした。


それ以外は特に何も変わらず、式も挙げず、写真も撮らず、今まで通りの取るに足りない暇だらけの無職生活を過ごしている。


と思っていた。


ここだけの話、実は結婚する前としてから数日、精神がドン底へ落ちた。


結婚なんて書類に名前書いて終わりで、変わるのなんて苗字と、あと扶養内に入るとかぐらいでしょ。


そんな気持ちでいた。
というより、そういう風に装っていた。


私は本音を言うと結婚するという事実が嬉しかった。
でも、それを表に出して人に知られたら自分の中の大切な何かが死ぬこともわかっていた。
だから上記のような姿勢でいた。


次第に本音と建前のバランスが取れなくなり、加えて無職で引きこもり、そんな自分への自己嫌悪と侮蔑が止まらなくなった。


本当に結婚していいのか?

向こうの御両親はこんな家庭環境劣悪な無職の癖に酒ばかり飲んでいる中卒と自分の息子が結婚するのを快く受け入れてくれるわけがない。

帰ってくれば黙ってメシを食い、喋りもせずスマートフォンに目を落とし、飽きたらそのまま寝るようなこんなつまらない男と結婚するのか?
これが毎日続くのか?地獄だろ。

結局、社会不適合で働くことに向いていないゴミクズのような自分が寄生して生きていく手段として結婚しているだけじゃないのか?

そもそも働いてもいない自分が何を偉そうに言ってるんだ?


という具合なことを毎日毎日飽きもせず考えていたら心と頭がおかしくなった。


ストレスからくる暴飲暴食が止まらなくなった。
増え続ける体重と、指を突っ込んでも吐くことすらできない自分に苛立ち、食後は罪悪感と情けなさと胃痛の苦しみでいっぱいになった。


そのことを結婚したあと夫に話したら、あまりひどいようなら病院へ連れて行くと言われ、初めて正気に戻った。


絶対に行きたくなかった。
自分が弱いということを認めさせられるような場所へ行くぐらいなら、血ヘドを吐きながらでも強がりを通したいと思った。


それから何日か経って何もかもいい意味でどうでもよくなった。
時間が解決するのは本当かもしれない。
解決、というよりも時間が無関心へ自意識を導いてくれているのかもしれない。


それから私は相も変わらず今まで通りのクソ以下の無職生活を過ごしている。

広告を非表示にする